平成29年10月29日 平和島

Pocket

第64回ボートレースダービー優勝戦 的中
¥190,190円回収☆

皆さんは予想をする際、何を重視していますか?

①競艇新聞の予想
②選手
③エンジン(モーター)

④展示タイム

 主にこんなところでしょうか。上記要素を何となく参考にしている人のほとんどがマイナス収支となっています。
尚、当サイトでは、新聞や他の情報サイトでは教えてくれない、
予想をする上で知らないと損をしてしまうと言えるほど、有益な情報を期間限定で公開します。

競艇で簡単に10万円稼げる予想のノウハウ後ほど下記にてご紹介します。
ここで得たことを意識して実践することで、競艇の楽しみ方が格段に上がり、且つ収支も上がること間違い無し!

さて、前置きが長くなりますが、まず上記①~④について予想をする際の注意点です。

①競艇新聞の予想

新聞の予想印と買い目については、正直全くアテになりません。
新聞記者を否定するわけではないですが、競艇は前日までの、選手・モーターの調子も重要ですが、何より当日のレース直前の気配が最も重要であり、当日の整備やプロペラ調整、また前日からの気温の変化によって、エンジンの動きもガラリと変わってしまうことが当たり前のように起こるのです。
しかし当然ながら予想新聞は前日に作成されるため、物理的にレース直前に予想を掲載することはできないのです。
したがって、競艇新聞には素人でも予想できるような買い目ばかりが掲載されているのです。

実際私も前日気配が良かった選手を翌日狙っていたけれど、当日レース前の気配がサッパリだと、買うのをやめることも多々あります。(実際、レースでもサッパリなことがほとんどです。)※当日の展示気配については後ほど書きます。

②選手

例えば、A1クラスの選手が1号艇の1コースで、2~6コースがA2、B1クラスの選手のレースの場合、
断然A1の選手が人気になります。
しかし、毎期A1をキープしてる技術が高い選手だとしても、非力なモーターを引いてしまうと節間通して全く勝てないなんてことはよくあります。特に実力・ともに最高レベルの選手は過剰人気になりやすいので要注意。

特に実力・人気、共にトップレベルの選手は過剰人気になりやすいので要注意です。

☆☆2017年度獲得賞金ランキング☆☆(2017年12月11日現在)
1位 4320 峰  竜太    119,844,666円      10位  3960 菊池 孝平    73,845,000円
2
位 4168 石野 貴之 108,717,000            11位  3556 田中 信一郎   69,692,500円
3
位 4444 桐生 順平 100,531,000            12位  3780 魚谷 智之    69,479,000円
4
位 3897 白井 英治   98,143,000            13位  3623 深川 真二    65,746,700円
5
位 3942 寺田  祥      89,154,000            14位  3779 原田 幸哉    62,860,000円
6
位 3415 松井           88,484,700            15位  4030 森高 一真    62,201,000円
7位 4024 井口 佳典       86,061,000円           16位  4477 篠崎 仁志    61,751,000円
8位 4238 毒島  誠    82,033,000円           17位  4547 中田 竜太    60,624,366円
9位 4418 茅原 悠紀       76,999,000円           18位  3719 辻  栄蔵          60,071,000円

③エンジン(モーター)

選手は抽選結果により、与えられたモーターを節間通して使用し、各モーターごとの勝率(連対率)が新聞にも記載されています。勝率が高いほど、力強い動きを見せる傾向にあり、中には手がつけられないほどのパフォーマンスを見せるモータもあるのです。
しかし、いくら高勝率モーターを手にしても、プロペラとのマッチング具合などによって節間通して全くパワーを引き出せずに終わる場合も多々あるため、数字(勝率)だけで判断するのは注意。


④展示タイム

展示タイムがズバ抜けて早い、もしくは遅い選手以外は特にそこまで気にしなくていい。一応予想の参考にはするくらいで問題ありません。しかも展示航走を全力で行う選手と、そうでない選手がいる為、判断が難しいのです。
・全力で行う選手例  : 茅原 悠紀、毒島 誠
・全力で行わない選手例 : 西島 義則
※補足として、ほとんどの競艇場が手動で展示タイムを計測している(福岡3場はレーザー計測、一部コンピューター計測の競艇場もあり)

 さて、前置きが長くなりましたが、上記を踏まえた上で、私が実践している、予想の際の重要なポイントを公開します。
 

競艇予想の仕方で大事な5つのこと

1.スタート展示

一見違いがわかりづらいですが、集中して見て見ると出足や伸びが良い艇がわかります。

スタート展示を見るポイントは
・1,2,3コース(スロー艇)と4,5,6コース(ダッシュ艇)で分けて見る。
・3,4コース(カド受け、カド)も比較。
・スタート展示リプレイにてそれぞれをわけて確認すると比較し易い。

<出足系>
・発進直後に艇先が起き上がったり、バタつく艇はスタートが合わせづらいため、スタート遅れや、アジャストすることが多い。
・最高速度に達するのが早い艇は出足が良く、レース、中競ってる艇にターン後優位に立ちやすい。

<行き足・伸び系>
・スタートライン通過後に他艇より伸びていく。
・(例)スタートで遅れ気味だったが、スタートライン通過後はすぐに他艇に追いついている艇行き足から伸びにかけてが良く、一気にまくりきれる伸び足があり、高配当の狙い目の一つ
(スタート展示では
出遅れ気味のため、伸び足が良い事に気づかれないことが多い) →念のため展示タイムも要確認。

2.周回展示

周回展示ではターンの回り足を見ます。
・ターンマークを外さずターンしているか。
・ハンドルを切り直していないか
・ハンドル切ったときに、艇がターンマーク方向に向いているか
(思い通りの       方向に艇を向けれているか)。

・前の艇の航跡(波)に力負けしてないか(エンジンパワーが弱いと曳き波に負けて減速してしまいます。)
ターン中~ターン後、レバー(アクセル)を握ってからの加速感、安定感(エンジンパワーが弱いとモタつくように見えます。)

3.1マークまでの展開

スタートから1マークまでの展開を予想し、それに合わせて買い目を決めます。
・仮に1コース(1号艇)のエンジンが平凡だとしても、他艇でまくってこれるような艇(機力)もなく、スタートも横並び   (五分)が予想できる場合は1号艇が先マイからアッサリ逃げ切ってしまうことも多々ある。
格下選手の逃げ 切りが思わぬ高配当になることがあるので、オッズは要確認。

4.勝負気配

その選手がどうしても1着を取りたいのか、それとも無事故完走でいいのか、得点率表や、勝負駆け情報を合わせて予想の材料にする。
→準優勝戦進出が既に確定している状態など、スタートも無理せず、展開突いて、良くて2~3着狙いの状況は良く見受けられます。エンジンパワー、前走までの着順を鵜呑みにしないこと。

5.オッズ

的中する自信があっても、人気どころを買っていては回収率が上がらず、当然外れることもあるので、オッズは常に意識すること。 買い目のオッズが低い場合は見送ることも多々あります。
ちなみに、私が良く買うおいしいオッズの買い目パターンは
・1-5、1-6   →  4コースカドが攻めきれず、展開突いて紐穴狙い                           
・2-1           →  2コース展示気配が抜群だったときの差し切り 狙い
・3-1、4-1   →  4カドまくり、展開突いて5,6コース差し追走狙い 
・5-4      →  4カドまくり、展開突いて5コース差し切り狙い
・6-1       →  6号艇人気薄の侵入内枠奪取決め差し狙い 

◆その他

イン逃げに特化した情報でネットで話題になっていたので、紹介します。
興味のある方はぜひご覧ください
⇩ ⇩ ⇩

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする