穴等は避けた方がいい日②

Pocket

今日は仕事帰りにボートピア横浜にてひと勝負してきました。結果は途中まで負けていたけれど、勝負レース場を変えてからはなんとか巻き返し、終了。

改めて感じたことは強風だからといって荒れるという確証はないということ。
むしろ普段の予想の仕方が通じず、全く予想外な結果になることも多々あるということ。
そういった意味では大荒れである。

いつもの予想が通じない=勝てない
ことになるので、以前より、私の競艇情報商材を購入された方、私からのにアドバイスを受けられた方、そして今このサイトを見て下さっている貴方にも、
おとなしく他のレース場で勝負することを強くおすすめします。

強風時の予想が難しい要因および高配当が狙いづらい要因を、以下に記載するので参考にしてみてください。

<強風時のレースで気をつけること>
・各選手、スタートを合わせすのが難しいため、スタートがバラけることも多い
また、反対に、各選手他の艇に合わせながら、慎重にスタートするため、スタートが横一線になることも多い。
・水面が荒れているため、慎重にターンをせざるを得ない。
・「安定版」が装着されるとイン逃げ決着が多くなる傾向にある。
・レバーを落として慎重にターンしなければならないので、「まくり」決着が減る傾向にある。
・追い風の場合、①マークで握って回る選手は、ターンが流れて差されやすい。
・追い風の場合、スタートが早くなりがちなので、フライングを恐れ、スタートで攻める選手が少ない
・追い風の場合、上記のこともあり、2コース差しは狙い目
・向かい風の場合、スロー艇が加速がつかず、ダッシュ勢が有利な展開になることが多々ある。
・水面が荒れているため、目まぐるしく順位が入れ替わることが多い。(そこまでは予想しきれない)

その他にもありますが、以上のことからも、強風時のレースは、高配当を狙うどころか的中することすら難しくなるため、やはり避けるのが賢明です。
そのレース(レース場)にこだわるメリットは少ないと思いますので。

個人的に・・・
茅原選手には何回もやられちゃってます。
追い風強風
→1コースから全速ターン
→ぶっ飛び、差され放題(笑)
ターンスピードは艇界屈指なんですけどね~。

皆さんの予想の参考になれば幸いです。

それでは今回はこの辺で。

競艇(ボートレース)予想の仕方で大事こと伝授します 知らなきゃ損!競艇で(ボートレース)で簡単に10万円稼ぐ方法



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする